本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

NICT平成24年度「国際研究集会助成」及び
「海外研究者招へい」に係わる募集について

【予告】

  • 印刷
2011年9月5日

独立行政法人情報通信研究機構(以下「NICT」という。理事長:宮原 秀夫)は、平成24年度「国際研究集会助成」及び「海外研究者招へい」に係わる公募を10月初旬に実施する予定ですので、ご案内します。



1.    国際研究集会助成の概要
通信・放送技術分野の国際研究集会の国内における開催を支援するもので、該当する国際研究集会の実施主体となる機関に海外研究者の招へい費用、会場費等の国際研究集会の開催に必要な経費の一部を助成します。
応募は、実施主体となる機関が行います。
NICTでは、「国際交流プログラム」国際研究集会助成で本制度を実施しています。


2.    海外研究者招へいの概要
海外の研究者を受け入れて通信・放送技術分野の研究開発を行うこと、又はこれに関連する学術的な啓発活動を行うことを希望する国内の機関を支援するもので、渡航費、滞在費等の招へい費用を支給します。
応募は受入れを希望する機関が行います。
NICTでは、以下の2つの制度で海外研究者招へいを実施しています。

  1. 「国際交流プログラム」海外研究者招へい
    大学、独立行政法人、民間企業、その他公益法人等の研究を行う機関を対象としています。

  2. 「国際研究協力ジャパントラスト事業」海外研究者招へい事業
    民間篤志家等の寄付による基金の運用益等を原資とし、民間企業を対象としています。

本年度より「国際交流プログラム」海外研究者招へいと国際研究協力ジャパントラスト事業の海外研究者招へい事業を一体的に募集することとなりました。
海外研究者の受入れを希望する民間企業の研究機関は、一回の申請により両制度への応募を行うことが可能となります。



3.    公募期間(予定)
平成23年10月初旬~平成23年12月初旬

「国際研究集会助成」につきましては、別途お知らせします。



4.    募集要項
公募開始時にNICTホームページに掲載します。

詳しくは、こちら( http://www.nict.go.jp/int_affairs/int/invitation.html ) をご参照ください。

なお、「国際研究協力ジャパントラスト事業」海外研究者招へい事業は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)でも実施しております。詳しくは、同法人のホームページをご参照ください。

 

問い合わせ先

国際推進部門 国際研究推進室

小田島、山本
Tel:042-327-7310
Fax: 042-327-5321
E-mail: